トイプーブログ☆いっしん→フランに奮闘中!

シルバーなトイプードル フランの成長日記

| HOME | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

華麗なる舌さばき。

まずご連絡です~。

キャンディママさん
再度コメントくださってありがとうございました!
ところが
いただいたコメントが文字化けしちゃってまして(T^T)
なので
トーク部屋の方から
お返事させていただきましたので
お暇な時に、覗いてみてくださいませ~☆
sikiri-1.jpg
さて。
先日買った、災害用のキャリーバック。


あれから
ほぼ毎日、キャリーバックの特訓をしております~。


・・・とはいえ、
元々キャリーバッグ好きなフランくんは
20120224-02.jpg
バックに入ることは
お茶の子サイサイなんざます。(自慢!? 笑)


ただ~。

このキャリーバッグは
窓が1つも開いてないので
蓋を閉めるのに、フセをなかなかしてくれず。


なので
ここは1つ、
しつけ教室で習ったことの復習を兼ねて
特訓することにしましたの。


まずは、オヤツを使って~

「フセ」と言いながら
20120224-03.jpg
バッグの中にオヤツを入れます。
(ほんとは、投げ入れるのではなくて、ちゃんと手をバッグの中に突っ込みます~)


これをしつこく何度もやると。

20120224-04.jpg
フセで待つようになります。



ここまで来たら、もう簡単~。

引き続き、オヤツを投入しながら
ササーッと蓋を閉めて

20120224-05.jpg



でもって。



今度はひたすら
20120224-06.jpg
穴からオヤツを投入します~。


そうすると、
「バッグの中にいるといいことあるかも!」

認識してくれるようになりまして

窓がないキャリーバッグでも
落ち着いてくれるようになるんざます~。

以上、しつけ教室の復習でしたー。



でもって。

我が家のフランくんは
飲み込みがとっても早いので(またもや自慢!? 笑)

穴をめがけて
20120224-07.jpg
自ら、オヤツを取りに来るようになりました(苦笑)


見よ!

20120224-08.jpg
この華麗なる舌さばき~♪


ま。

特訓というよりも
20120224-09.jpg

このペロンチョな舌が面白くって
キャリーバックのレッスンを
毎日やってるというウワサもあり。ヽ(||| ´ー)ノはっはっは。


・・・ところで
1つ疑問が。

これ、いざという時の本番では
(そんな日は来ないで欲しいけど)

絶対にテンパッてるだろうから
オヤツを使って悠長になんてやってられないだろうな~。

なので
オヤツを使わないでも出来るようになるのが
最終目標だわねー。
(ペロンチョが見れなくなっちゃうのが残念だけどね ・・ってそこ!? 笑)


★ランキング参加中★
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます



ご訪問くださって
ありがとうございました。

sikiri-03.jpg
スポンサーサイト

| しつけ | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

「犬の気持ちを読み取とう」

昨日、
フランが以前通っていたしつけ教室、
ケーナイン・アンリミテッドさんの
「犬の気持ちを読み取ろう」
というセミナーに
オットと2人で参加してきました。

20111016-0.jpg

講師は、「矢崎 潤」先生という男性の先生。
矢崎先生は
フランとオットといっしんが
しつけ教室で一番お世話になった先生です。

雑誌「プードルスタイル」の
しつけコーナーを担当している先生なので
もしかしたら、ご存知の方もいるかな?


そんでもって
主な講義の内容は。

人は、
言葉を使って(=聴覚)
コミュニケーションをしているけれど

犬は相手の行動をみて(=視覚)
ボディランゲージを使って
自分の意思を
たくさんたくさん伝えているんだということ。

犬のボディランゲージを知って、
そのサインを見逃さず、受け取ってあげよう
というものでした。

すごく面白く、興味深く、
なるほど!と思うことばかりで
オットもいっしんも大満足で帰ってきました~☆
sikiri-1.jpg
・・・・という訳で

家に帰ってきて
早速、
フランのボディランゲージを観察することにした
いっしんとオット。


フランの場合の、ボディランゲージは
どうなのかな?


こうやって
口元の筋肉がゆるんでいるのは、

20111016-01.jpg

「リラックス」しているよーというサイン。



ブルブルっと体を震わせてるのは

20111016-02.jpg

「興奮を静めよう」というサイン。



そして。

オットと遊んでる時のフランの行動が
とっても興味深かったんだけどね。


フランは
いつものように?
オットに はがいじめ抱っこされて

20111016-03.jpg

オットのチュー攻撃を受けてた時・・・。


何度も

20111016-04.jpg

あくびをしてみたり



20111016-05.jpg

目をそらしてみたり。


他にも
写真には撮れなかったけど、
くしゃみしたり、鼻を何度もペロペロと舐めたり。



これは
「カーミング・シグナル」というものなんだそうです。


「カーミング・シグナル」とは
対立を避けるために
相手や自分をなだめて、落ち着かせる行動だそうで


「私は敵意はないですよー。」とか
「ねぇねぇ。ちょっと落ち着いてください。」とか
「ちょっと自分の気持ちを落ち着かせよう。」とか

そんな意味があるんだそうです。
※他にも
まばたき、伸び、体をふる、体をかく・・・などがあるそうです。



かと思えば、

オットの口を舐めて

20111016-06.jpg

「あなたを受け入れてますよ」というサインをしたり。
※この口をなめるというのは
親に離乳食をねだる行動のなごりなんだって!



この結果、

フランは
オットのチュー攻撃に対して
「それ、嫌なんだけどなぁ・・・」
とやんわりとお断りしつつ

「でも、とーちゃんの事は好きだよ!」
というフォローも入れてた・・・・

という事が、わかりました(笑)

20111016-07.jpg


つか、
「フランはチュー攻撃」が嫌なんだよ!
と再三、オットに忠告してきたのですが
これで見事に裏づけされたわねー(笑)


・・・などなど
まだまだ書ききれないほど
この他にも

相手に攻撃をしかける前のサイン、
逆に攻撃しないでと警戒してるサイン、
ストレスを感じてる時のサイン

など
たくさんのボディランゲージを教わりました。

こういうサインを見逃さないで
大きな事態に発展する前に対応することが大事
と先生はおっしゃってました。


20111016-08.jpg

フランは
体で一生懸命、色んな事を伝えようとしてるんだね!


・・・・・・・・・って、
とってもフランのことが
わかった気になって
ちょいと調子こいていたいっしんとオット。

でも。
フランの最大の「サイン」?を
見逃してたことに
この後、気がつくことになるのでした・・・。


この続きはまた明日~☆

sikiri-03.jpg


☆お知らせ☆

いつもご訪問くださり、ありがとうございます。

コメントのお返事は
ブログへのご訪問とさせていただきますね~♪



イーココロ!クリック募金


★ランキング参加中★
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます


| しつけ | comments:32 | trackbacks:0 | TOP↑

| HOME | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。